マガジンカテゴリー
ノウハウ KNOW-HOW

土地購入時・新築時のご近所挨拶のイロハ

土地購入をして家を建てる際、施主が気になることの一つが周辺住宅への挨拶。長く住み続ける場所なので、ご近所さんたちとの関係は最初から良好にしておきたいものです。
土地を買う際や家を建てる際の挨拶の基本について、以下で詳しく見ていきましょう。

土地購入して家を建てる際にはご近所への挨拶が必須

家を建てる際には、周囲との良好な関係を維持するためにも、必ずご近所への挨拶を行なうようにしましょう。家作りのパターンを4つに分け、それぞれにおける挨拶のタイミングを確認してみましょう。

ALTテキスト

パターン1:土地購入して家を新築する場合(周囲に家が多い)

基礎工事を行なう前に、神主さんを呼んで「地鎮祭」が執り行われます。この「地鎮祭」が終わった直後が、ご近所への挨拶廻りのタイミングです。言い換えれば、着工の直前です。

いわゆる「向こう三軒両隣」には、必ず挨拶をしてください。他にも、入居後に生活音が届きそうな家等、適宜状況を判断して挨拶する家を判断します。

パターン2:土地購入して家を新築する場合(周囲に家がない)

分譲住宅地のトップバッター組となった場合、着工の段階では周囲に誰も住んでいません。このような場合は、新居に入居後、周りの家にも別の世帯が住み始めた段階で、順次挨拶を行ないましょう。

パターン3:古屋付きの土地を購入して家を建て替える場合

古屋付きの土地とは、その土地を購入した人が既存の古い家を解体する、という条件で売られている土地のこと。このような土地に家を新築する場合、古屋の解体工事の一週間前にはご近所挨拶をします。

解体工事では、騒音や振動、ホコリなどが多く発生します。一時的に、ご近所には迷惑をかけることが確実なので、できれば業者さんと共に、丁寧に挨拶周りをしましょう。

パターン4:現在住んでいる場所で家を建て替える場合

パターン3と同様に、解体工事の一週間前には挨拶をしてください。すでにご近所関係が確立した間柄と思われますが、その状況に甘えることなく、丁寧に挨拶をしてください。業者さんが挨拶廻りをする際、これに同行する形でも良いでしょう。

2,000円程度の日持ちする品を手土産に

解体工事や新築工事においては、大なり小なり、ご近所に迷惑をかけることは確実です。
施主が顔を出して挨拶に伺うことはもちろん必要ですが、手ぶらでの挨拶はあり得ません。高額なものではなくても構わないので、かならず手土産を持参して挨拶に行くようにしましょう。

手土産にふさわしい品

ご近所への挨拶は、アポイントを取らずに行ないます。アポイントを取ってしまうと、相手の時間を束縛してしまうことにもなりかねないからです。

しかしながらアポイントを取らずに挨拶に行くと、先方が不在の場合もあるでしょう。そのような場合に備え、日持ちのする品を手土産に選ぶことが基本です。菓子折りなどが無難でしょう。

手土産の値段の目安

手土産の値段の目安は、2,000円程度と考えておいてください。300円や500円の品では、誠意がありません。逆に5,000円や10,000円などの高額な品は、もらったほうが負担に感じてしまいます。

誠意が伝わり、かつ相手に気を使わせない適度な値段が2,000円程度、ということです。

土地購入時・新築時の挨拶のメリット

土地購入して家を新築する場合は、ご近所への挨拶廻りが必須です。家作りや仕事等で忙しい中での挨拶廻りは大変ですが、ご近所との良好な関係を築いておくことは、たとえば以下で紹介するように、様々なメリットを生み出します。
ALTテキスト

防犯情報を共有できる

近隣で発生した詐欺や不審者の情報などを、いち早く共有できます。特に子供のいる世帯にとっては、非常に大事で有難い情報となります。

ご近所トラブルを避けられる

いわゆるご近所トラブルの大半は、よく知らないご近所との間で起こります。顔見知りであれば、ご近所トラブルに発展するケースも少なくなるでしょう。

災害時に協力し合える

災害時には互いに助け合うことができます。東日本大震災の時には、多くの世帯において、近隣のコミュニティの大切さが再認識されました。

口コミで各種のお得情報を得られる

スーパーのお買い得情報など、日常に便利な情報が口コミで伝わってきます。信頼できる医療機関の情報も、多くの場合は近隣の口コミで伝わります。

高齢者や子供を気にかけてもらえる

高齢者や幼い子供がいる世帯の場合、近隣の人たちが普段から気にかけてくれるでしょう。夫婦共働きの世帯には、心強く感じられるはずです。

土地購入前にも挨拶廻りをしてみましょう

可能であれば、と言うよりも、ぜひ実行していただきたいのが土地購入前の挨拶廻りです。
土地を購入してしまった以上は、近隣にどんな人が住んでいようとも、そこに家を建てるしかありません。新居に住み始めてから「お隣が近所でも有名なトラブルメーカーだった」という事態だけは避けたいものです。

土地購入の契約をする前に近隣の様子を伺ってみる

その土地の近隣に問題があるかどうかという点は、何度か地域を散歩してみれば、概ね分かります。「ゴミ屋敷はないか」「大声を出す人が住んでいないか」「夜は真っ暗にならないか」等々、何度か散歩を重ねてよく地域を観察してみてください。

また、できれば向こう三軒両隣に挨拶に伺ってみるようにしましょう。「この辺に土地を買いたいと思っているが、住み心地はどうですか?」と率直に聞いてみます。

ちなみに挨拶の意図は「住み心地の感想を聞くこと」ではなく、「相手がどんな人なのか」を知ること。引っ越しを歓迎してくれる反応が多ければ、安心して長く住んでいける土地と考えて良いでしょう。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。


前の記事

土地購入をキャンセルしたい…そんな時はどうするべき?

次の記事

不動産仲介とのトラブル事例!土地購入した後に後悔しないために

最新の記事

ノウハウ KNOW-HOW

不動産の消費税|土地購入は非課税・建物購入は課税

ノウハウ KNOW-HOW

不動産売買の印紙税について

ノウハウ KNOW-HOW

土地購入を考えている方が知っておくべき固定資産税のすべてを解説

ノウハウ KNOW-HOW

土地購入における値引き交渉はできる?できない?

ノウハウ KNOW-HOW

土地購入の大きな流れを理解しておきましょう

ノウハウ KNOW-HOW

土地購入時に発生する仲介手数料っていったい何?