マガジンカテゴリー
お金について MONEY

現金で土地購入する際にかかる諸費用とは?

現金で土地購入をする場合でも、ローンの場合と同様に、印紙代や仲介手数料、登記費用等の諸経費がかかります。また、ローンを組む訳ではないので、いわゆる住宅ローン控除を受けることはできません。
他、親のお金で土地を購入した場合の名義や贈与税の問題も含め、現金で土地を購入する際におさえておくべきポイントを確認してみましょう。

土地を現金で購入するときにかかる諸費用

現金で土地を購入する場合には、以下に列挙する諸費用が必要となります。ローンを利用しないため、銀行関係に支払う費用はありません。

契約印紙代

いわゆる印紙税です。所定の金額分の印紙を郵便局等で購入し、契約書に貼付します。契約印紙代は土地の契約金額に応じて上下しますが、仮に契約金額が5000万円以下の場合には約15,000円です。

仲介手数料

不動産売買の仲介業者に支払う手数料です。「売買価格×3%+60,000円×消費税率」にて計算します。

登記費用

不動産登記に関連して発生する諸費用を、登記費用と総称します。具体的には登録免許税、および司法書士報酬です。

登録免許税の税額は、その土地の固定資産税評価額に一定の税率を乗じた金額。取得する土地や税率等により、登録免許税の税額は大きく異なります。 司法書士報酬は、概ね100,000円ほどです。

固定資産税等清算金

固定資産税は、毎年1月1日時点での所有者に対して請求されるもの。その先1年分の税額を一括払いする形となるため、仮に年度の途中で土地売買が成立した場合、売主は余分に固定資産税を払っている格好となります。
よって買主は、本来自らが支払うべき固定資産税を、日割り計算して売主に支払わなければなりません。この際に交わされるお金が、固定資産税等清算金です。

現金にて土地を購入する際の注意点

ALTテキスト
現金で土地を購入する場合には、いわゆる住宅ローン控除を利用することはできません。また、親から現金で買ってもらった土地については、土地名義の都合上、贈与税を納めなければならないこともあります。

住宅ローン控除を受けることはできない

「現金で土地を買うと税金が高くなるのでは?」と考える方もいるようです。その考えの背景には、住宅ローン控除の存在があるのでしょう。
住宅ローン控除とは、住宅ローンを返済中の借主において、返済残高に応じた一定比率の金額を所得税から控除する、という制度。いわゆる優遇税制の一つです。
現金で土地を購入した場合、住宅ローン控除を組んでいない以上、この優遇税制を利用することはできません。よって「税金が高くなるのでは?」という考えにも至るのでしょう。

結論から言えば、現金で土地を買ったからと言って、税金が高くなることはありません。住宅ローンを利用した人の税金が安くなる、ということだけです。この点、現金で土地を買った方が相対的に納得できない気持ちは、確かに分かります。
しかしながら住宅ローンを利用した人においては、ローンを完済するまで、金融機関に金利を支払い続けなければなりません。
時限立法たる住宅ローン控除を利用して土地を購入することと、一方で、金利を支払う必要がない現金取引で土地を購入すること。長い目で見てどちらが有利であるかは、一概には判断できません。

名義と贈与税との関係

住宅ローンを組んで土地を購入した場合、その土地の名義人は住宅ローンの契約者となります。一方で、現金で土地を購入した場合には、その土地の名義人は現金を払った人になります。

自分の現金で土地を買った場合なら名義人は自分になりますが、仮に、親の現金で土地を買った場合、その土地の名義人は親になります。
もちろん、親の原因で買った土地を自分の名義にすることは可能ですが、その場合、親からの贈与となり贈与税の支払いが必要となるので注意が必要です。
なお現在、親の資金で購入した土地については、一定額まで贈与税が非課税となる措置が取られています。該当する方は、専門家などに制度を詳しく確認しておきましょう。

決済・引き渡しにおける注意点

契約者本人が決済の場にいなくても、特に問題はありません。また、契約金額の残金を一括で振り込む場合には、念のため本人確認書類を持参していきましょう。

決済の場に契約者本人がいなくても問題ない

決済の場に契約者本人が出席しなくても、特段問題はありません。奥様や親御さんが、本人の代わりに代理出席をしても可です。代理出席に関する委任状も不要となるケースがほとんどです。
ただし土地取引における大事な書類上の話になるので、多くの場合は、契約者本人が繰り合わせて出席しているのが現状です。

残金を一括で振り込む際には本人確認書類を持参する

契約金額の残金を金融機関から一括で振り込む場合、その金額は多額となる可能性があります。犯罪等を防止するため、振込の際には、金融機関から本人確認を求められる可能性があるので、念のため、当日は本人確認書類を持参してください。
運転免許証など、写真入りの本人確認書類が望ましいでしょう。

ローンを組む場合の土地購入にかかる諸経費

ALTテキスト
現金で土地を買う場合ももちろんですが、ローンで土地を買う場合でも、土地購入時には諸費用が発生することを確認しておきましょう。

・売買契約の際に支払う諸経費

契約印紙代

現金で土地を購入する場合と同じように、売買契約書に記載された金額の収入印紙税を納める必要があります。

仲介手数料の半額

土地の売買を仲介する業者に対し、仲介手数料の半額を支払います。

手付金

土地購入代金の一部として、売主に対し、契約金額の10%程度を支払います。なお、買主の都合で契約が破棄となった場合、手付金は返金されません。
また売主の都合で契約が破棄となった場合には、手付金の2倍の金額が買主に支払われるのが通例です。

・残金決済時に支払う諸経費

ローン契約印紙税

住宅ローンの契約書に貼付する印紙税を支払います。

登記費用

現金で土地を購入する場合と同じく、登録免許税や司法書士報酬などを支払います。

ローン借入費用

金融機関とのローン契約に伴い、事務手数料、保証料、火災保険料などを支払う必要があります。

仲介手数料の半額

不動産仲介業者に対し、残りの半額の手数料を納めます。

固定資産税等清算金

現金で土地を購入する場合と同じく、日割り計算した固定資産税等を、買主が売主に支払います。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。


前の記事

つなぎ融資とは?|住宅ローンに関わる必須知識

次の記事

土地購入を考えている方が知っておくべき固定資産税のすべてを解説

最新の記事

お金について MONEY

土地購入の際に知っておくべき不動産取得税のすべて

お金について MONEY

つなぎ融資とは?|住宅ローンに関わる必須知識

お金について MONEY

土地を購入する時にかかる各種費用とは?