ランディログイン
お金についてMONEY

注文住宅に必要な初期費用とは?最低限準備しておくべき3つの諸費用

注文住宅を検討するタイミングで、初期費用をどのくらい準備すればよいのかと疑問に感じるかたは多いでしょう。

そのような不安を解決するために、3つの諸費用をわかりやすく解説します。
この記事を読むことで、3つの諸費用以外にも必要なお金や、住みはじめてから必要となる費用についても合わせて理解することができます。

まずはお金にまつわる用語について理解を深めていきましょう。

初期費用と諸費用、頭金と手付金の違いとは?

初期費用とは?

初期費用とは「土地契約から引越し」までにかかる、現金で支払う費用のことをいいます。
初期費用は、「購入代金の一部」と「購入諸費用」に大きく分けて2つあります。
購入代金の一部とは、土地+建物の全体金額のうち、現金で支払う部分をいいます。
 

諸費用とは?

購入諸費用とは、全体金額のうち土地購入代金や建物価格以外にかかる費用をいいます。
一般的な目安として、土地代金+建築費の10〜12%を諸費用として準備をしておいた方がよいとされています。
 

頭金・手付金とは?

頭金や手付金という言葉がありますが、厳密には意味が異なります。住宅業界のプロでも混同しがちな言葉の違いを確認してみましょう。

頭金とは、購入代金のうち、現金で支払うお金のことをいいます。
手付金とは、購入代金のうち、契約時に現金で支払うお金のことをいいます。
どちらも現金で支払うことは共通していますが、手付金は頭金に含まれる、と覚えておけば間違いないでしょう。
 

諸費用1. 土地購入時に必要となる初期費用とは?

諸費用の1つめとして、土地購入時にかかる初期費用について解説します。
土地購入代金の内訳として「土地価格」「諸費用」と大きく2つに分けられます。
土地そのものに消費税はかからないので、土地価格そのままで購入できますが、諸費用は価格に応じて変わってきます。諸費用の中身や具体的な計算方法について知っておくとよいでしょう。
 

仲介手数料

土地を購入する際に不動産会社に対して、土地代金にかかる手数料。
不動産価格により手数料の料率が変わる。
・土地価格が200万円以下の場合:土地価格×5%+消費税
・土地価格が200万円〜400万円以下の場合:(土地価格×4%+2万円)+消費税
・土地価格が400万円以上の場合:(土地価格×3%+6万円)+消費税
 

登記費用

所有権移転登記(土地の持ち主が変更になるときにかかる費用)に必要な登録免許税。
・土地の評価額×1.5%(※)
※2024年3月31日までの軽減措置を適用する場合、ローンを組まれる場合は借入額に対して抵当権設定登記が必要
 

解体費用

購入した土地に、既存建物がある場合に撤去・処分するための費用。
大きさや構造によるが、100〜300万円ほどかかる。
 

固定資産税・都市計画税

毎年1月1日に土地を所有している人にかかる税金。土地を購入後に新しい所有者に移転登記がされた日を境に、移転日以前と以後の所有者と費用分担をする。
・土地の評価額×1/2×3%(※)
※2024年3月31日までの軽減措置を適用する場合
 

印紙税

土地の売買契約書に貼る印紙代。
・土地価格が1,000〜5,000万円の場合は1万円の印紙代がかかる。(※)
※2024年3月31日までの軽減措置を適用する場合
※軽減措置の適用期間は、土地購入時に国税庁のWebページで確認しましょう。

土地購入にかかる各種諸経費について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
 

諸費用2. 注文住宅にかかる初期費用とは?

2つめに、注文住宅にかかる諸費用について解説します。
注文住宅価格は「本体価格」「付帯工事」「諸費用」の大きく3つに分けられます。
「本体価格」「付帯工事」はプランニングによって価格が決まりますが、諸費用の内訳は土地の状況によって変動するものが多いのが特徴です。
 

地盤改良費

地盤調査をした後に、地盤を補強する必要が生じたときにかかる費用。
・1坪あたり2〜5万円ほど(※)
※地盤改良にはさまざまな工法があるので、工法に応じて費用が大きく変わります。
 

上下水道引込み費

土地に水道管や下水道管が引き込まれていない場合に、道路の本管から宅地内に引き込む費用。
・上下水道引込み工事の相場 60〜100万円ほど
 

都市ガス引込み費

都市ガスを使用する場合に、道路の本管から宅地内にガス管を引込む費用。
・都市ガス引込み工事の相場 20万円前後(※)
※エリア内の都市ガス会社により費用は変わります
 

印紙税

建築会社と契約を交わす「工事請負契約書」に貼る印紙代。
・1,000〜5,000万円までの建築工事の場合は1万円(※)
※2024年3月31日までの軽減措置を適用する場合
 

登記費用

建物の所有者を新規に登録したり変更する時に必要な登録免許税。
・建物表題登記
・所有権保存登記
の2つがあり、建物表題登記は住宅を建てた時に必要になる登記。所有権保存登記は所有権がないものに対して新規に登記がされるもの。
一般的に司法書士に手続きをお願いすることが多く、5〜10万円ほどの費用がかかる。
 

水道加入金

新しく水道管を引き込み使用できるようにするために設置する水道メーターにかかる、居住地域の水道局に支払う負担金。居住エリアによって2〜66万円ほどと幅がある。
 

地鎮祭費用

工事着工前に土地の神様を祭り、工事の安全や無事を祈願する儀式にかかる費用。祭事を行なっていただく神社の神主さんに3〜5万円ほどの費用をお支払いする。
 

上棟祭費用

木造建築する場合に、柱や梁などの構造体を組み立て、屋根の一番高い位置に設置する棟木が取り付けられた後に行う行事。
上棟が無事完了し、建築工事に携わった方を労うために建主がおもてなしをする費用15〜30万円ほどの費用がかかりますが、上棟祭は必ず実施するものではありません。
 

諸費用3. 住宅ローンにかかる初期費用とは?

3つめに、住宅ローンにかかる諸費用について解説します。
住宅ローンは「借入金額」と「諸費用」の大きく2つに分けられます。
一概にはいえませんが、目安として注文住宅の場合、借入金額の10〜12%前後の諸費用が必要とされています。
 

つなぎ融資費

通常住宅ローンは建物完成後に融資が実行されるが、手元資金が少ないなど建築途中のタイミングで資金が必要になった時につなぐ融資のこと。
土地決済金、着工金、中間金の3回に分けて融資がされることが多い。
 

登記費用

住宅ローンの融資と同時に、抵当権設定登記をするための費用。
・住宅ローン借入額×1%(※)
※2024年3月31日までの軽減措置が適用される場合
 

火災保険料

住宅ローン借入時に必須となる、火災保険に加入するための費用。プランにより幅があり、10〜40万円ほどかかる。(※)
※加入できる最長10年を想定。オプションや補償内容により変わります。
 

地震保険料

火災保険と同じタイミングで加入する場合にかかる費用。最長5年の期間でその後更新制。1,000万円あたり5万円前後が相場。
 

3つの諸費用以外にかかるもの

上記の3つの諸費用以外に、状況に応じてかかるものがありますのでみていきましょう。
 

仮住まい費用

建て替えの場合に、工事期間中に仮住まいをするための賃貸費用。だいたい半年くらいの期間で100〜150万円前後が相場
※ファミリータイプを想定。エリアによって変わります。
 

引越し費用

同一市内や近隣市町村へのファミリータイプの引越し相場として、
・通常期(ハイシーズン以外) 8〜10万円ほど
・ハイシーズン(3〜4月) 10〜15万円ほど
が相場。
※移動距離が200km以上の長距離の場合は、長距離割増がかかります。
 

家具家電の購入費用

新築の場合に家具や家電を購入する際にかかる費用。全てを買い替える場合150〜200万円前後が平均相場。


また、引越し後にかかる諸費用として

不動産取得税

土地や建物の不動産を取得した時に最初にかかる税金のこと。

固定資産税・都市計画税

毎年1月1日に土地・建物を所有している人にかかる税金。不動産を所有している期間は毎年発生する税金で、毎年4〜6月に届く納税通知書で税金額を確認できる。
 

火災保険料・地震保険料

住宅ローン加入時に加入期間後に継続する場合にかかる費用。
 

修繕費用

年数が経過するごとに、さまざまな箇所が劣化し、修繕するために必要な費用。
主に外壁や屋根、フローリング、シロアリ対策、水回り、クロスなど10〜20年後に必要になる場合が多い。
 

【まとめ】諸費用がいくらかかるかハウスメーカーに相談しよう

土地購入から引越しまでの初期費用について把握していただけたでしょうか。あくまで目安ではあるので、正確な諸費用については注文住宅のプロに相談することがおすすめです。

自分たちの希望する土地に理想の住まいを建てた場合の諸費用のシミュレーションをすることで、安心して計画を進めることができます。
土地探しからの注文住宅をお考えのかたは、自分に合った家づくりをワンストップで相談できるランディ加盟店にお尋ねください。



この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。


前の記事

土地購入時に発生する仲介手数料っていったい何?

次の記事

現金で土地購入する際にかかる諸費用とは?-



前の記事

注文住宅の間取りの決め方とは?失敗例や広さ別の成功例も紹介

次の記事

おしゃれな平屋にするためにおさえるべき外観・内観のポイント6つ

top
アプリDL|POP UP